プロテインでタンパク質を補う場合は炭水化物をどれくらい食べれば良いの?アミノ酸も取ると効果的?

どのような目的でプロテインでタンパク質を補うかによって考え方は異なります。通常の食事として補う場合、エネルギーとなるのが遅い炭水化物(低GI)を摂取するのが良いとされています。

低GIのものとしては玄米、オートミールなどがあります。どれぐらいの量を摂取するかについても個人の目的によって異なりますが、お茶碗一杯分で基本的には問題ありません。

もし、低炭水化物ダイエットを行っている場合は炭水化物の摂取を控え、代わりに脂質によってカロリーを摂取します。脂質はナッツ類、ココナッツオイル、バター、アボカドなどで摂取します。

運動後にプロテインででタンパク質を補う場合、エネルギーとなるのが速い白米やバナナなどの炭水化物を摂取するのが良いとされています。量に関してはタンパク質:炭水化物を1:3で摂取します。

そのため、トレーニング後はおにぎり1個やバナナ1本ぐらい摂取すれば十分です。また、運動後のプロテインはアミノ酸が多く入っているものを摂取するとより効果的です。

アミノ酸はタンパク質が分解されたものになるので吸収が速く、運動で消耗した筋肉をすぐに修復することができます。プロテインでアミノ酸を摂取することは効果的な反面、価格は高くなることが欠点です。それぞれ個々に合わせた栄養の摂取が必要となります。

プロテイン タンパク質 アミノ酸

コメントは受け付けていません。