アミノ酸とタンパク質やプロテインは筋肉の影響に違いはある?組み合わせて取る必要は?

筋肉に効果的と言われるアミノ酸、タンパク質、プロテインですが、実はそれぞれが筋肉に与える影響は異なり、組み合わせて取ることで効果的に鍛えることができます。

まず、プロテインとは高純度タンパク質のことであり、筋肉を形作る成分です。そのため摂取することで筋肉作りをサポートするという影響があります。

そしてアミノ酸はさらにタンパク質の基となる成分のため、プロテインよりも吸収されやすく、体内でのタンパク質・筋肉の再合成を促しやすいという特徴があります。

そのため運動後にすぐ摂取することで筋肉痛を軽減したり、疲労を回復させるといった影響があります。そのためこれらは組み合わせて取ることで効果的に筋肉をつけることができます。

まず、筋トレ前後の空腹時におすすめなのはアミノ酸です。吸収率が良く、すぐに分解される筋肉の再合成を促すので筋肉痛や疲労を防ぐことができます。

そしてその後にプロテインをとることで効果的に筋肉を増強することができます。しかし逆にプロテインを先に摂取してしまったり、一緒に摂取してしまうとタンパク質の消化吸収に時間がかかってしまい、アミノ酸が上手く吸収されないので、組み合わせや摂取するタイミングは重要です。

アミノ酸 タンパク質 プロテイン

コメントは受け付けていません。