アミノ酸とプロテインの効能の違いを比較|上手に使い分ける方法とは?

アミノ酸とプロテインとの違いとは何なのか、その効能を比較して、上手に使い分ける方法はあるのでしょうか。

まずアミノ酸ですが、これはタンパク質を構成している物質です。タンパク質は筋肉や頭髪、血管などの材料になる成分であるため、体作りには必要不可欠な成分です。

そしてプロテインですが、これは直訳するとタンパク質のことです。つまりタンパク質を構成している物質であるかどうか、それともタンパク質そのものであるかどうかと言う違いがあると言えます。

この違いはまた、両者の体への吸収速度にも関わってきます。アミノ酸はひとつひとつの大きさが小さいので、吸収速度は速いのが特徴です。対してプロテインはタンパク質そのものであることから、吸収にも時間がかかると言う特徴があります。

効能に関しての比較ですが、アミノ酸は体作りに関しては勿論のこと、体の必要に応じてその役割を果たすことに効能が期待できるので、トータル的な健康ケアの一環として使い分けると良いです。吸収の速さを活かすためには、運動前や就寝前などに飲むのが良いとされています。

対してプロテインは、比較すると筋肉の増強に特化していると言えます。ですから使い分け方としては、筋トレと併せて利用する、筋トレ直後に飲むようにするのが望ましいです。

アミノ酸 プロテイン 違い

コメントは受け付けていません。