筋トレ時にアミノ酸を取ると筋肉の疲労や疲れも軽減される?アミノ酸の筋肉に与える働きとは?

筋トレは体を鍛える、きれいな体をつくるために行いますが、トレーニングだけではなく摂取する栄養素も大きく影響してくるのです。

筋トレで鍛えるの筋肉に必要なものとしてタンパク質が必要とされています。しかしより質のよい筋肉を作るためにはアミノ酸の働きも必要となってきます。

筋トレを行うことで筋肉は傷ついて疲労してしまい、体も疲れてしまうことになります。疲労と疲れを回復するためにはタンパク質が欠かせない栄養素となります。

食品からタンパク質を多く摂取しようと考えた場合、ほかに脂肪やカロリーも摂取してしまうことになるのでプロテインなどを摂取しますが、アミノ酸があればより高い効果を発揮することができるようになります。

アミノ酸のなかにはBCAAという筋肉のエネルギー源となるものがあり、疲労、疲れを回復する働きがあるのです。
これらより効果的な働きをさせるためには摂取をするタイミングが重要であり、筋トレを実施する30分ほど前にこれらアミノ酸を摂取することです。

そうすることで筋肉のエネルギー源となり疲労や疲れを抑えることができ、トレーニング自体も長く続けることができるようになり、結果的に筋肉のダメージを最小限にして体を鍛えることができます。

アミノ酸 筋トレ 疲労

コメントは受け付けていません。