アミノ酸の効能には高齢者の筋力低下を防ぐ働きもある?

アミノ酸の種類によっては高齢者の筋力低下を防ぐ、効能を持つ種類もあります。

アミノ酸は全部で20の種類があり、このうち9種類は体内で作る事の出来ない必須アミノ酸です。
体の中で合成出来ないという事もあり、食事から補う必要があります。
特にBCAAと言われるバリン、ロイシン、イソロイシンは、筋肉を作る為に必要不可欠です。

不足してしまうと筋力低下を招く恐れがあります。
バリン・ロイシン・イソロイシンはマグロや豚肉などに多く含まれているので、筋力アップの効能を期待するな毎日の食事に取り入れてみましょう。

ただ、高齢者は食事の量が少なくなり、バリン・ロイシン・イソロイシンを食品から十分な量、補えなくなるケースも少なくありません。
この3つのアミノ酸が不足してしまうと、筋力低下を防ぐ事も難しくなってしまいます。

食事から必要量を補えないという場合は、サプリメントを活用するのも良いでしょう。
サプリメントであれば、十分に食事を摂る事が難しくなった高齢者も、バリン・ロイシン・イソロイシンによる筋肉を作る効能によって筋力低下を防ぐ効果が期待出来ます。

ただ、サプリメントを過剰に摂取すると、副作用を起こす危険性もあるので、規定の量を守るという事が大切です。

アミノ酸 効能 高齢者

コメントは受け付けていません。