アミノ酸の摂取量と筋トレなどの運動量は比例する?引き締めたい場合のアミノ酸の摂取量とトレーニング量とは?

体を引き締めたくてトレーニングするときに、アミノ酸を摂るのは良い方法です。トレーニングするときに使われるエネルギーには、グリコーゲンと脂肪が使われます。

引き締めを狙うなら、脂肪だけを使いたいところです。アミノ酸の中には、脂肪分解酵素を活性化させるものもあります。アミノ酸を摂ると、脂肪の分解が促進されるため、トレーニング中により脂肪が減りやすくなり、引き締め効果が得られやすくなる可能性があります。

摂取量は個人差もありますので、サプリメントを利用する場合は、用法をよく守って自分に合った摂取量を摂るようにしましょう。年齢によっても体格によっても、必要な摂取量は異なります。

筋トレは、長ければいいというわけでもなく、また、毎日おこなうのは逆効果だと言われています。筋トレは1日おきか2日おきくらいにおこなうのがいいとされます。

これは、筋トレをすることで筋肉が損傷し、それを修復する時間が必要だからです。運動量が多ければいいというわけでもなく、毎日すると逆効果であるのは、こうした理由によるものです。

修復しては運動量を次第に増やしていく、というのが効果的です。以前は運動量が多ければ多いほど効果があるというイメージでしたが、そうではないことがわかっています。

アミノ酸 摂取量 トレーニング

コメントは受け付けていません。