アミノ酸を摂取しすぎると副作用の心配もある?

アミノ酸が不足してしまうと、様々な症状が現れますが、逆に摂取しすぎることによってもリスクも存在します。

心配されるリスクとして挙げられるのは、腎臓への負担があります。それにより、腎臓病などの病気が心配されます。
アミノ酸は多少摂り過ぎたとしても、尿素として出て行ってしまいますがあまりにも摂取しすぎることで、腎臓に負担をかけることになるので、とくに腎臓に疾患を抱えている方は注意が必要となります。

アミノ酸を摂取しすぎる際に心配される副作用としては、手足のしびれや神経の興奮、幻覚作用、血圧上昇や皮膚の紅潮、かゆみ、血糖値の上昇、尿酸値の上昇や高メチオニン血症といった症状がおこりやすくなります。

化学調味料にも含まれているアミノ酸があるため、知らないうちに摂り過ぎていて、副作用がでてしまうということもあるため注意が必要となります。
中でも高メチオニン血症というものは、先天性と一過性のものがあるので、選定性の方の場合、メチオニンが代謝されないので、食事に注意する必要があります。

一過性の方の場合は、高カロリーの食べ物を食べ過ぎることで起こり、視力低下や肝障害などの副作用の原因となります。アミノ酸は不足しても過剰摂取しても、身体に害を及ぼすため、適度に食事で補うことが大切です。

アミノ酸 摂取 しすぎ

コメントは受け付けていません。