筋トレや有酸素運動はいつ行うのが効率的?朝や夜など、効率的に筋肉を鍛えられるタイミングとは?

筋トレと有酸素運動を組み合わせて、より効果的なダイエットを実行するなら、筋トレを行った2〜3時間後のタイミングに有酸素運動を行うのがベスト。ダイエット自体は有酸素運動だけで十分行われますが、筋トレを行う理由は代謝をアップさせて脂肪燃焼の効率を上昇させる目的があるからです。

筋トレは、脂肪を分解する酵素「ノルアドレナリン」を生み出します。ノルアドレナリンによって脂肪が分解され、そのあと有酸素運動を行うと脂肪が燃焼されるのですが、あらかじめ分解してあるとより一層効率が良く脂肪が燃焼できる、というわけです。

直後のタイミングでも良いですが、冒頭で述べた通りできるなら2〜3時間ほど間隔を置いた方がより効果的に脂肪が燃焼できます。この2時間ほどの間に、ノルアドレナリンだけでなく成長ホルモンも分泌されるからです。これにより、一層効率がよくなるとされています。

行う時間帯ですが、朝・夜のどちらのタイミングかといえば、朝と夜どちらも消費カロリーが変わらないので、生活サイクルと合わせて取り組むと良いでしょう。

ただ、朝に行えば覚醒するため日中の活動能率がアップしたり規則正しい生活習慣が取り戻せます。注意点は就寝中に放出した水分を補給してから行うこと。夜の場合は熟睡効果や夕食前に行えば食欲の抑制にも役立ちます。

筋トレ 有酸素運動 朝

コメントは受け付けていません。