筋トレをしてダイエット効果が表れるまでの期間って?食事の炭水化物の摂取量も気を付けるべき?

筋トレとダイエットの関係について、少々誤解をしている人が多いのではないでしょうか?そもそも、一般的に筋トレと呼ばれるような運動の多くは無酸素運動であり、脂肪燃焼効果は極めて低いのです。

単純に脂肪を燃焼させて痩せるのであれば、ランニングなどの有酸素運動のほうが圧倒的に効率よく痩せます。しかし、筋トレによるダイエット効果は長い期間で考えた場合には、効果的です。

その理由として、筋肉量の増大による、基礎代謝機能の向上が挙げられます。日常生活において、脂肪はエネルギーとして消費されます。同じ生活をしている場合、筋力量が多いほうが使われるエネルギーも増えます。

そのため、太りにくい身体になるというのが最も大きなメリットだと考えられます。さらに、食事において、炭水化物の摂取量を抑えるとより効率的です。炭水化物はエネルギー源にはなりますが、筋肉を作る働きはしません。

さらに余分なエネルギーは脂肪をして蓄積されるため、食事において炭水化物の摂り過ぎは禁物です。なので、体造りの期間はなるべくタンパク質中心のメニューを心がけることが重要です。

以上のことから、筋トレによるダイエット効果は短期間では現れにくいこと、さらに、食事において炭水化物の摂取量に気をつけることがダイエットには重要だと言えます。

筋トレ 期間 効果

コメントは受け付けていません。