筋トレで脂肪の燃焼に効果が表れるまでの時間って?脂肪燃焼するとダイエットの効果もある?

有酸素運動と筋トレを組み合わせて行うダイエット法の場合、先に行う筋トレは30分〜1時間にしておくと脂肪燃焼の効果が高くなります。筋トレを先に行う理由としては、脂肪の分解を行うノルアドレナリンが分泌されるからであり、後に行うダイエットに最適な有酸素運動での燃焼効果が非常に高くなるからです。

それぞれの時間としては、筋トレを1時間前後、そして2時間ほど間隔を置いて(その間成長ホルモンが生成され、さらに燃焼効率が上がります)有酸素運動を20〜30分ほど行うのが非常にダイエット効果が高まるでしょう。

脂肪燃焼がダイエットにつながる仕組みは、摂取したエネルギーが体内に「脂肪」という形で蓄積されていくのを解消することにあります。運動をするとまず最初に血液中に含まれているエネルギーを消費します。

それを使い果たしてから、ようやく体内に蓄積された予備、つまり余分なエネルギーに手をつけるわけです。ちょっとした運動ではそれを使い果たせないため、まず血液中のエネルギーを消費する有酸素運動が有効、ということになるわけですが、それより前に筋トレを行い、ノルアドレナリンが分泌されて脂肪が分解されることによって、より燃焼がスムーズになるというわけですね。

筋トレ 時間 効果

コメントは受け付けていません。