筋肉痛の時に筋トレや有酸素運動を行う場合の注意点とは?筋肉痛の時のランニングやウォーキングの効果って?

筋肉痛になっている時、その筋肉痛の原因が筋トレによるものか、有酸素運動によるものかで対処は変わってきます。

まず、筋トレが原因の筋肉痛の場合、筋トレを行ってはいけません。正確に言えば、トレーニングを前日まで行っていた箇所を鍛えるのはやめましょう。筋肉の修復が遅れて、筋肉が発達しなくなるからです。部位にもよりますが、2〜3日は間隔をおくことをおすすめします。

筋肉痛になったということは良いトレーニングを行ったという証拠なので、きちんと休ませることが大事。筋肉の修復・超回復には48時間から72時間程度が必要です。

反対にランニング・ウォーキングなど有酸素運動が原因の場合は大丈夫です。筋肉を痛めるようなトレーニングとは無縁な運動であり、たとえ筋肉の修復が必要になったとしても、24時間くらい時間をおけば十分に修復が可能な部位が多いためです。

また、トレーニングを休ませるのは大事ですが、ランニング・ウォーキングなど軽い有酸素運動で解消するのはOKです。ストレッチ・マッサージなどと並んで、ランニング・ウォーキングは筋トレ後の痛みを和らげ、筋肉痛をこなすのに役立ちます。回復のメカニズムは、軽い運動による血行促進です。

筋トレ 筋肉痛 ランニング

コメントは受け付けていません。