大胸筋の筋トレ時のストレッチは肩こりの改善にもなる?その正しいやり方とは?

肩こりは多くの方が抱えていますが、大胸筋の筋トレとストレッチを併用することで軽減を図ることも可能です。まず大胸筋は胸にある大きな筋肉であり、鍛えることで胸に張りが出てきます。

それだけでなく腕を内にひねる力が強くなります。また筋トレの方法も様々ですが、両手を胸の前で押し合ったり腕立て伏せの時に少し腕を開くことで筋肉への負荷を上げてより来ることが可能となります。

また普段の生活に加えて筋トレをすることで肩こりを訴える人もいますが、しっかりとストレッチを合わせて行うことで軽減が可能です。多くの肩こりは方にある僧帽筋と呼ばれる筋肉が凝り固まっておきます。

また他にも大円筋や菱形筋群など健康体周囲の様々な筋肉も起因して肩こりを引き起こします。また大胸筋を鍛えるときにそれらの筋肉も収縮するため、鍛えた後は肩甲帯周囲を大きく回すようにしてストレッチを行うことが大切です。

肩甲帯には様々な筋肉が付着しており、より大きく動かすことでそれらをバランスよく尊重してストレッチ効果を得ることが可能となります。

また肩甲帯を回すことは自力でも十分にできます。また肩こりを起こすと大胸筋を鍛える上でも支障をきたすため、しっかりと筋トレとストレッチを合わせて行うことが大切です。

筋トレ 大胸筋 ストレッチ

コメントは受け付けていません。