空腹時と満腹時では筋トレの効果に違いがあるの?

筋トレをするにあたってタイミングを気にしない方は多くいますが、実は空腹時に行うか満腹時に行うかで効果に違いがあります。

まず、空腹時はエネルギーが不足している状態です。そんな時に筋トレを行うと、体内に蓄積された筋肉を分解してエネルギーを生成しようとします。そのため、空腹時に筋トレをしても筋肉を鍛えるどころか筋肉を減少させてしまうことになるのです。

では、逆に満腹時に行うと効果はどのように違いがでるのでしょうか。まず、食後数時間経ったのちなら消化器官も落ち着き、エネルギー源も十分なので効果的に筋肉を鍛えることができます。

しかし、食後すぐの場合は消化のために血液が集中しています。このような時に筋トレを行うと血液が分散され、消化不良を起こして体調を崩しやすくなってしまいます。そのため、効果的に筋肉を鍛えるなら消化器官が落ち着いた満腹時に行うことをおすすめします。

このように筋トレは空腹時に行うか満腹時に行うかで効果に違いが表れます。また、空腹時に行うと筋肉をつけるどころか余計に筋肉を減少させてしまいます。そのためいつ行うかというタイミングは重要なのです。一番良いのは食後数時間後の消化器官が落ち着いている時です。

筋トレ 空腹 満腹時

コメントは受け付けていません。