筋トレやストレッチは肩こりに効果的?肩こりに効く筋トレとストレッチの方法とは?

筋トレは肩こりに効果があるどころか、肩こりに根本的に強くなるには筋トレしかないというくらい実は重要なことなのです。ストレッチで肩の部分を伸ばすことや、マッサージも一時的には肩こりが和らぐのですが、根本的な解決ではないでしょう。

肩と首の間の僧帽筋と、背中の広背筋が強いと肩凝りはなりません。具体的な筋トレの方法は、逆立ちがベストです。逆立ちは僧帽筋をかなり使いますし、腕幅を広げて腕立て伏せをするようにしていれば、広背筋が鍛えられます。

ストレッチは筋肉痛をほぐす感じのストレッチで良いです。これは効果抜群で、僧帽筋が盛り上がるくらいに鍛えておけば肩こりの感覚は忘れ去ることになります。肩凝りというのは要するに僧帽筋の遅筋の筋肉痛です。

逆立ちは速筋も遅筋も鍛えられ、また肩凝りのときの負荷の何倍もの負荷が掛るので、強くなります。日常生活程度の負荷ではなんともなくなるという効果があるので効くのです。

単純に最大筋力に対する負荷を下げるというのに効くのと、筋持久力が高まるというので効くということがあります。逆立ちも慣れれば持久力を高める運動に近くなるのですが、逆立ちを持久運動にできるくらいの筋力にすれば肩凝りはならないのでお得です。

筋トレ 肩こり ストレッチ

コメントは受け付けていません。