筋トレ初心者が筋肉痛の時は筋トレの間隔を空けるべき?一般的な筋肉の回復のスピートと超回復の原理とは?

筋トレ初心者の方が筋肉痛になってしまった場合、筋肉が回復するスピードや、筋肉の超回復について意識しながら、筋トレを行う間隔を考える必要があります。

一般的には、筋トレを始めたばかりの初心者の方は、筋肉の量がまだ少ないため、筋肉痛が経験者と比較して、起きやすい傾向にあります。筋肉痛は、負荷をかけられた筋肉が再生して大きくなる時に様々な炎症の原因となる成分が産生されて、周囲の神経に影響を与えることにより起こります。

したがって筋肉痛自体が悪いというわけではありませんが、この期間に再度行うと逆に筋肉を傷めつけてしまうことになります。筋トレにより負荷をかけられた筋肉が前よりも大きく再生することを超回復と呼びます。

超回復の期間は、筋トレ初心者の方は2日程度のインターバルの期間を設けることがおすすめです。筋肉は通常2日程度で回復しますが、筋肉の回復度合いは、睡眠の質やストレス、食事内容にも大きく影響を受けるので、自分の体調に合わせてそのつど間隔を調整することが効果的です。

間隔を置いている機関には、筋肉痛の起こっていない部位のトレーニングを行うなどすることで、中だるみすることなく継続することも可能です。

筋トレ 初心者 筋肉痛

コメントは受け付けていません。