筋トレをして体脂肪が増える原因|体脂肪を下げたい場合の筋トレとは?

体脂肪率を下げたいという理由で筋トレをする人も多いですよね。一般的に筋トレをする前よりもトレーニングをして体脂肪が増えるという事はありません。もし増えていったのであればその原因は筋トレよりも脂肪を摂取していることの方が多い可能性が高いです。

トレーニングをして脂肪が筋肉に変わると言う意識があるかもしれませんがそれは大きな間違いです。脂肪は脂肪であり、筋肉は筋肉なので別のものです。運動とは様々なことが含まれているので脂肪分は燃焼され筋肉は増えていきます。

体脂肪を下げたいのであれば筋力をつけることと同時に脂肪を減らす運動も取り入れるべきです。具体的に言うとダンベルなど重りを使ったトレーニングをすれば筋力は増えるし、それとは別にランニングや自転車、ウォーキングなどいわゆる有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果があります。

トレーニングにはこのように筋力トレーニングと有酸素トレーニングをバランスよく行う必要があります。単純に体脂肪を下げたいのであれば脂肪を燃焼させれば下がります。

体脂肪が増える原因をよく考えて、自分には筋トレが足りていないのか有酸素運動が足りてないのかを知るべきです。そしてその原因を補うようにトレーニングメニューを組んで効率よく落としていきましょう。

筋トレ 体脂肪 増える

コメントは受け付けていません。