筋トレをして体重が増える原因|筋肉の量と重さの関係とは?

筋肉は脂肪よりも重さがあるのでそれが原因になり、筋トレで筋肉の量が増すと体重が増えるようになります。脂肪と筋肉の重さを比較すると、筋肉の方が倍以上も重いとされています。

筋トレは脂肪の量を減らして筋肉を付けるので、増えることが原因となり体重が増加してしまいます。脂肪が減り筋肉量が増えるようになると、見た目は痩せても体重が増えてしまうのです。

ダイエットのために筋トレを実践されている場合、筋肉の量が増えることで体の重さが増すのは逆効果のように思うかもしれません。しかし、それは一時的なものなので肥満しない体になるには、筋トレでの筋肉増強は効果があります。

脂肪は代謝がされずカロリーが消費されないことで、体に余分な肉が蓄積することが原因でなります。筋肉が付くと基礎代謝の機能が向上するので、体に脂肪がつきにくくなっていくのです。脂肪燃焼が活発になることによって、体重は少しずつ減っていくようになります。

筋肉はエネルギーを消費するのですが、消費されやすい部分の筋肉を鍛えることで、ダイエット効果をアップさせることができます。エネルギーを多く消費する筋肉は、背筋と腹筋の部分となります。こちらの部分を筋トレで集中的に鍛えると、脂肪燃焼がよりされやすくなるのでおすすめです。

筋トレ 体重 増える

コメントは受け付けていません。