筋トレ後の超回復の期間とは?筋肉痛などの痛みがある場合は休養するのが良いの?

筋トレにおいて欠かせないものはいくつかあります。まずは集中してトレーニングをすることです。トレーニング時間は人それぞれだと思いますが、大体30分~2時間の間でしょう。短時間でもしっかりと集中して追い込めば30分でも高価は十分あるはずです。

次に欠かせないものが栄養です。栄養はトレーニングによって破壊された筋細胞が回復するために必要なものになります。この時、栄養を十分に取らないと筋肉は大きくなりません。筋トレ後にはプロテインを飲み、3時間以内くらいには食事を取りましょう。次に欠かせないものが休養です。

休養というように言っていますが、筋肉が回復するのを待っている期間でもあります。この期間がいわゆる超回復です。筋肉痛がある期間も超回復の期間に含まれます。超回復中は筋肉痛を伴うのが一般的で、痛みがある状態ではしっかりとした筋トレができないので、休養するのが一般的です。

超回復の期間というのは個人差が大きいので一概には言えませんが、筋肉痛が治るまでは最低でも休むと決めるのがわかりやすくて良いかと思います。筋肉痛のような痛みがない場合、毎日筋トレをしても良いですが、筋肉を大きくするのが目的であれば、筋肉に痛みが残るくらいの負荷でトレーニングをしたほうが良いです。このトレーニング、栄養、休養のバランスが整わないと、なかなか思うように筋肉はつきません。

筋トレ 超回復 期間

コメントは受け付けていません。