筋トレの腕立てで腕や大胸筋を鍛えると超回復は起こる?超回復の頻度は部位によって違うの?

筋トレで腕立てをして、腕や大胸筋などを鍛えていると、負荷に応じて超回復が起こり、超回復が起こる頻度は、負荷をかけていた体の部位に応じて異なります。筋トレをすると、負荷のかかっていた部分の筋肉の繊維が破壊され、破壊されることにより次は破壊されないようにとより強い筋肉へと再生されます。

この超回復は、腕や大胸筋などの筋肉に負荷をかけた場合に起こりえます。また、超回復は筋肉が破壊されることにより起こるので、下半身の太ももなどのもともと体重によって負荷がかかっており、筋肉の量が多い部位では上腕二頭筋などの筋肉や大胸筋などと比較してより強い負荷をかけないと起こりにくいという違いがあります。

したがって腕立てなどの上半身の筋トレを行った場合と、スクワットなどの主に下半身を鍛える筋トレを行った場合とでは負荷への筋肉の対応力に応じて超回復が起こる頻度が異なってくるということがわかります。

上半身を鍛えたい場合に腕立てを定期的に行うことは効果的であることが知られていますが、より、筋トレによる効果を高めるためにはその頻度も計算しながら行う必要があります。がむしゃらに行うと返って筋肉を痛めてしまうかもしれませんので注意しましょう。

筋トレ 超回復 腕

コメントは受け付けていません。