筋肉はプロテインを飲むだけでも付くの?運動やトレーニングはするべき?

筋肉量を増やすためにプロテインを飲む人も多いですが、ただ単に飲むだけで効果があるのでしょうか。詳しく解説していきますね。

まず、飲むだけで効果があるかという前に、プロテインの成分についてを知る必要があります。プロテインの主成分はタンパク質となります。このタンパク質は、ご飯やパンなどの主食となる食べ物に多く含まれるものとなります。

ご飯やパンを食べるだけで筋肉がつくかというと、つきませんよね。つまり、プロテインを飲むだけでは効果がないことは、明白です。効果をうむためには、トレーニングや運動が必要となります。

トレーニングや運動を行うと、筋肉が損傷し、この損傷を修復するのに、タンパク質が使われます。そこでトレーニング後にタンパク質を摂取することで、修復が効果的になり、このときに筋力が上昇する可能性が高まります。

では、どのような運動が効果的かというと、ウェイトトレーニングのような筋肉へ負荷を与えて、損傷させるようなトレーニングが効果が高いです。プロテイン摂取のタイミングとしては、運動の合間でもよいですし、終了直後でもよいです。

終了後30分以上たってしまうと、筋繊維の損傷が進んでしまうため、効果は低くなってしまいます。効果的な摂取により、筋肉アップにつなげましょう。

筋肉 プロテイン 飲むだけ

コメントは受け付けていません。