必須アミノ酸の種類と効果効能とは?

必須アミノ酸は全部で9種類あり、トリプトファン・ リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジン、この9種類が必須アミノ酸です。それぞれ効果・効能に違いがあります。

トリプトファンはセロトニンを作る原材料となるアミノ酸です。
リジンは脂肪をエネルギーに変換する為に必要不可欠な、カルニチンという物質の材料になる他、肝機能向上の効果があると言われています。

メチオニンは体の中でタンパク質を作る際、まず最初に使用されるアミノ酸という特徴があります。メチオニンが不足してしまうと、全てのタンパク質合成に支障が出るようです。

フェニルアラニンはチロシンを経てドーパミンやノルアドレナリンの、材料となる働きの他に血圧を上昇させるなどの効能があります。

トレオニンは成長促進や脂肪肝の抑制の効能が、そしてBCAAの1つバリンは直接筋肉で使われるエネルギーとなる効果を持っています。
ロイシンもBCAAの1つでエネルギー源となる他、血糖コントロールという効能を持つのが特徴です。

イソロイシンは皮膚の回復を促進する、ヒスチジンは赤血球・白血球の成長に欠かせない必須アミノ酸です。
このように必須アミノ酸の種類によって、それぞれ働きに違いがある為、全てをバランスよく補う必要があります。

必須アミノ酸 種類 効果

コメントは受け付けていません。