必須アミノ酸に副作用はある?その成分を過剰摂取してしまった場合の副作用の症状とは?

生命維持に必要不可欠な栄養素と言われる成分「必須アミノ酸」ですが、過剰摂取した場合は副作用の危険性があると考えられています。
必須アミノ酸は体内で作れないアミノ酸の事を言い、全部で9種類存在しています。

トリプトファン・ リシン メチオニン・ フェニルアラニン・ トレオニン・ バリン・ ロイシン・ イソロイシン・ ヒスチジン、この9つのアミノ酸が必須アミノ酸と言われています。
食品から補う事も出来ますが、サプリメントでの摂取も可能です。

ただ、食品だけでなくサプリメントからも補うとなると、過剰摂取になるケースも考えられます。成分を過剰摂取してしまうと、副作用を起こす危険性もあり、過剰に摂取した事により、お腹を壊してしまう症状を起こすケースもあるようです。

また、場合によっては情緒不安定や不安神経症など、精神的な症状を引き起こす可能性があるとも言われています。
この他に成分の代謝で必要以上に肝臓・腎臓が使われてしまうので、肝臓や腎臓の機能に悪影響を与える副作用も報告されています。

体に良いと思い摂取量よりも過剰に必須アミノ酸を摂取してしまうと、このような症状が起こるケースもあるのです。
ですので、必須アミノ酸は過剰に補わないよう、サプリメントなどを活用する場合は、摂取量に注意する必要があります。

必須アミノ酸 副作用 成分

コメントは受け付けていません。