ロイシンとイソロイシンというアミノ酸の効果にはどんな違いがあるの?

ロイシンとイソロイシンとは、必須アミノ酸で筋肉強化や肝機能強化と言った効果があるが、それぞれの効果で違いもあります。

そもそも必須アミノ酸とは、体内で合成されないアミノ酸の事を言います。
では先ず、ロイシンの効果についてですが、筋肉の形成及び損失を防ぐ、肝臓機能を強化、ストレスを緩和させる、育毛促進などがあります。
ストレスを緩和させるのは、エンドルフィンと同様の働きがあるとされています。
動物性タンパク質に多く含まれていて、肉類、魚介類、乳製品、大豆製品など様々な食品に含まれています。

そして次に、イソロイシンの効果ですが、筋肉の形成及び損失を防ぐ、肝臓機能を強化、血管の拡張や血糖値の上昇を抑制、疲労回復、成長促進などがあります。
血糖値の上昇を抑制する事から、糖尿病治療にも期待が持てるようになりました。
疲労回復では、脳内にセロトニンと言う物質が増えると疲労を感じるので、これを抑制する働きがあります。

また同様の理由から、スポーツドリンク等にも配合されます。
プロセスチーズ、牛乳、サケや鶏肉などに多く含まれています。
ロイシンとイソロイシンでは、同じような働きもありますが、このように違いも結構あります

必須アミノ酸は種類がありますが、バランス良く摂取する事で、それぞれの効果の違いをお互いに補い合えるのです。

ロイシン イソロイシン アミノ酸

コメントは受け付けていません。