ロイシンが不足すると筋力にどんな影響が起こる?ロイシンを取ると筋肉痛になりづらいの?

ロイシンが不足すると筋力にどのような影響が起こるのでしょうか?またロイシンを摂取すると筋肉痛になりづらいのかについて詳しくお話していきますね。

まず、ロイシンは必須アミノ酸の一種で、体に対しては欠かすことができないアミノ酸です。中でも筋力の維持や改善、筋肉合成に対しての影響力はとても大きいと言われています。これはロイシンには、肝臓の機能を高めて筋肉合成を促す作用や、筋力の不足を補う作用があるためです。

筋肉は、運動やトレーニングなどによりそれを構成している繊維質が断裂します。その断裂が修復される際に、筋肉の材料であるタンパク質、それを構成しているアミノ酸があると、より線維が太く、強くなることが期待できるとされています。

このことにより、筋力の維持や改善が期待できます。また筋肉合成に対しても、より高い効果を期待することができます。

ですからロイシンの不足は、筋力低下を招き得るひとつの要因だと言うことができます。そしてロイシンを摂取することは、筋肉痛になりづらいことにも効果が期待できます。筋肉痛は、筋肉繊維の修復が遅れている、またダメージにより炎症が発生していることが原因です。そのため、このアミノ酸を摂取して修復を促進させることで、筋肉痛が発生しにくくなることが期待できます。

ロイシン 不足 筋力

コメントは受け付けていません。