リジンの一日の摂取量の目安って?リジンが不足したり過剰摂取した場合はどんな影響があるの?

必須アミノ酸の1つ「リジン」の1日に必要な摂取量、不足した場合に起こる症状や過剰摂取による副作用には次のような事が挙げられます。
1日に必要なリジンの摂取量は成人で1㎏にあたり、30mgと言われています。
体重が65kgであったら1日に1,950mgが必要です。

この量が不足してしまうと、体に様々な悪影響が出てしまうので注意しましょう。
例えば、疲れやすくなる、免疫力が低下するといった症状が、リジンの摂取量が不足すると起こりやすいと言われています。

このアミノ酸は体の組織を修復する働きや、タンパク質の吸収を促進し、ブドウ糖の代謝を良くする事によって疲労を回復する効果を持っている点が特徴です。
また、ウイルスの働きを抑制する効能も持っています。

このような作用があるアミノ酸という事もあり、足りなくなってしまうと寝ても疲れが取れない、ウイルス性の病気になりやすくなるという傾向があるのです。

ただ、不足しないように食事やサプリメントで過剰摂取してしまうと、今度は副作用の危険性も出てきます。
過剰摂取では下痢や、肝臓や腎臓の機能が低下するといった症状が挙げられます。

不足しても過剰に補っても体に悪影響を与えるリジン、適量を守る事が大切です。

リジン 摂取量 過剰摂取

コメントは受け付けていません。