BCAAを取ると成長ホルモンの分泌は増える?寝る前に取るのは効果的?摂取量の目安って?

BCAAを寝る前に摂取すると成長ホルモンの分泌が増えるということですが、摂取量の目安についても知っておくと良いでしょう。ジムに通う全ての人がプロのアスリートになりたいと考えているわけではないでしょう。

しかし、引き締まった体を目指しているばら食事やトレーニングなどに気を使う必要があります。BCAAはアミノ酸の一種なのですが、寝る前に摂取することで筋肉の肥大や脂肪燃焼などの効果を期待できます。

BCAAは肝臓によって分けられた時に筋肉などの組織に直接送られるという特徴があり、寝る前に摂取することでインスリンと成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

もちろん摂取量の目安はきちんと守る必要がありますが、トレーニング前に摂取することで筋肉と筋力が増え脂肪を減らす効果も期待できるのです。また、BCAAを摂取することで筋肉の成長に必要なホルモンの邪魔をする物質の分泌を減らすこともできます。

成長ホルモンの分泌を促すBCAAの1日の摂取量の目安は5~10gとなっています。あまりたくさん摂取する必要はありませんし、トレーニング直前やトレーニング中でも手軽に摂取することができるでしょう。それによって効果をアップさせることができるのです。

BCAA 成長ホルモン 寝る前

コメントは受け付けていません。