HMBという成分の効果とは?筋肉痛や疲労回復にも効果的?

HMBは、正式名称を『β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸』といって、必須アミノ酸の一種である”ロイシン”を摂取し体内で代謝される時に生成される物質のことです。

このHMBの成分には様々な効果がありますがその中でも二大要素と考えらえるのが筋肉をつくるタンパク質合成の増大と筋肉分解防止です。一つ目のタンパク質合成の増大は疲労回復に役立つと考えられます。

筋肉の疲労回復に一番効果的なのは睡眠などの休養ですが筋肉を動かすとグリコーゲンが使用されるのでHMBの成分によってタンパク質を補ってやることで疲労回復を促進することができます。

二つ目として筋肉分解防止には様々なメリットがあります。それは一つ目にトレーニングをした後には筋肉は分解されるという特徴を持っています、その時に栄養が足りないとき体は別の場所のタンパク質を持ってきて筋肉を作ろうとしますがそれを抑えてくれます。

二つ目に筋肉痛を抑えてくれるという効果があります。筋肉痛が起きるメカニズムはまだ解明されていませんが今の学説で筋肉痛は筋肉の損傷から起きると考えられており、筋肉の分解を防ぐという事はそれも防いでくれるということですのでHMBの成分には筋肉痛を防ぐという効果もあるといえます。

HMB 成分 効果

コメントは受け付けていません。