アミノ酸の含有量が多い食べ物や食材とそれを使ったレシピって?

アミノ酸には様々な種類がありますので、それぞれの種類によってどの食べ物にに含まれているかは変わってきます。

例えばマグロの赤身にはバリンやスレオニンの含有量が多いという特徴があります。他にも牛のレバーはフェニルアラニンやトリプトファンというアミノ酸の含有量が多い食材です。

このようにアミノ酸の含有量は食材によってまちまちなのが特徴です。そこで有効な食材を組み合わせたレシピが重要となります。

ロイシンとメチオニンをたくさん含む食べ物である鶏胸肉と、バリンの含有量が多いプロセスチーズを組み合わせるだけでもチキンのチーズ焼きのレシピが完成します。もっと凝りたい方はトマトソースを作ってかけるとアミノ酸と相性の良いリコピンも得られます。

他にも豆乳にはメチオニンが含まれているので、イソロイシンを含む豚肉とは相性が良く、この二つの食べ物は豆乳鍋にて同時に食べられます。レシピといっても複雑な物を考える必要はなく、シンプルに相性の良い物を組み合わせることが大切です。

すると必然的に味もアミノ酸も整っています。ただ、マグロの赤身やカツオの刺身など単独で摂取しても高い効果を得られる食材もあることは覚えておきましょう。

アミノ酸 食べ物 含有量

コメントは受け付けていません。