アミノ酸を食べ物から摂取する方法|アミノ酸を含む食材を使ったレシピって?

アミノ酸は体に良い食べ物として知られていますが、どういった食材に含まれているのか、摂取方法やレシピはどういったことがあるのか気になりますね。

アミノ酸は20種類ありますが、この中で9種類ある必須アミノ酸は体の中で作ることができません。そのため食材から摂取することが必要となります。
必須アミノ酸は主には、魚や卵、豆類、肉といった食べ物に多く含まれています。

脂肪燃焼を助けるリジンは真アジに多く含まれており、お刺身として食べると100g中1900mgも摂取することができます。同じく魚に含まれているヒスチジンは白血球を作り出す手助けを、スレオニンは脂肪肝になるのを防ぐ働きがあります。

この他、バリン、イソロイシン、ロイシン、は筋肉を作るのに必要な栄養素となっています。バリンはマグロの赤身に、イソロイシンは豚ロースや卵に、ロイシンは鶏むね肉やカツオ刺身に含まれています。

このようにどのような体作りをしたいかによって摂る食べ物が異なってきます。筋肉を作りたい場合は、鶏むね肉や卵といった食材を使用し、親子丼といったレシピが良いでしょう。

この他の脂肪を効率よく燃焼する方法にはマグロやアジの刺身を食べる、カルパッチョなどのレシピにするといった方法があげられます。

アミノ酸 摂取 食べ物

コメントは受け付けていません。