アミノ酸の中で不足しやすい種類は何?不足しやすいアミノ酸を補う方法とは?

アミノ酸は20種類あり、人間が自分の体内でつくり出せる種類も多いですが、その中の9種類は、自分でつくることができず、不足しやすいため、常に外部から補う必要があります。

その9種類とは、トリプトファンとリジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシンそしてヒスチジンです。これらは必須アミノ酸と呼ばれています。

アミノ酸は、タンパク質を合成する大事な成分です。必須アミノ酸がすべてそろわないと、タンパク質は合成できません。必須アミノ酸の中で、最も少ないものの量しか、タンパク質はつくれないということになります。

日本人は米を主食としており、コメの成分が大きく影響します。米で不足しやすいのは、9種類のうちのリジンです。リジンを補う方法として望ましいのは、豚肉と米飯を一緒に食べることです。豚肉にはリジンが非常に多いので、米におけるリジンの不足を補うことができます。他に、大豆と米を一緒に食べるのも、良い方法です。

米を主食とするため、日本人はリジンが不足しやすい状況にあります。リジンを補える食品と一緒に摂る方法が、おすすめであり、その食品とは、豚肉や大豆ということになります。

ですので、大豆食品の豆腐や納豆と豚肉を取る食事が一番効率的で、バランスの取れた食事と言えます。

アミノ酸 不足 しやすい

コメントは受け付けていません。