筋トレの初心者でもできる糖質の効果的な摂り方は?間食をしても大丈夫な食べ物はある?

筋トレの初心者でもできる糖質の摂り方について解説していきます。また、筋トレをしているのに間食をしたくなった場合はどのようなものなら食べて大丈夫なのでしょうか?

糖質の摂り方と間食しても大丈夫なものの共通のポイントは「余分な脂質の入っていないものを選ぶこと」です。

筋トレで筋肉を効果的につけるためには、単にトレーニングするだけでは足りず、糖質をしっかりと摂ることも大切です。

性別や年齢によっても異なりますが、一般的に筋トレをしている人は1日3000キロカロリーを目安にすると良いと言われており、これは標準的な1日の摂取カロリーよりもおよそ1000キロカロリーも多いです。

1000キロカロリー分の糖質を摂ろうとするとごはんだとお茶碗1杯分もありますので、小食の筋トレ初心者にとっては簡単なことではありません。

初心者の人は脂質の多いものでカロリーを摂取しがちですが、脂質は体内でエネルギーに分解されにくく、また脂肪がつきやすいのでお勧めできません。

ではどうすれば脂質の入っていないものを手軽に摂れるのかというと、初心者の方におすすめしたいのがゼリータイプのパックを使うことです。プライベートブランドのものであれば1個80円程度でも買えることができます。

間食をするときも考え方は同じで、なるべく脂質の少ないもの、たとえば麺類ならラーメンよりもうどん、そばを選ぶのがポイントです。筋肉を作る上で間食は良くないと思うかもしれませんが、脂質の少ないものであれば食べてもそれほど支障はありません。

筋トレ 糖質 初心者

コメントは受け付けていません。