筋肉を食事でつけるにはタンパク質は必要?タンパク質を多く含んだ鶏肉のささみや納豆などの食材の調理法とは?

筋肉をつけるには食事に気を配る、特に良質のタンパク質を含む鶏肉(特にささみや胸肉)、納豆・豆腐などの大豆製品を積極的に取り入れることがおすすめです。

同じ鶏肉でももも肉の場合は脂分が多く、カロリー摂取も増えてしまうため、脂肪分の少ない胸肉やささみを取り入れましょう。鶏肉に皮がついている場合は皮を取って調理します。一番よい調理法はゆでたり蒸したりする方法です。

脂を使わないですむのでヘルシーです。お鍋にお湯を沸かして肉を鍋に入れ、火を通します。脂が少ない分ゆですぎるとぱさぱさになってしまうので8割がた火が通ったところで火を止めます。そのまましばらく置いておくことで余熱で火が通り、しっとりとした仕上がりになります。

酢醤油などにつけてそのまま食べたり、細かく裂いてサラダのトッピングにして食べるのもおすすめです。またささみを一口大に切って塩コショウで味付けし、片栗粉をまぶして少量の油で焼いてもおいしいです。

納豆は調理せずそのまま食べられるので、手軽にタンパク質を摂取し、筋肉をつけたいという人の食事にはおすすめです。納豆が苦手という場合は、豆腐や豆乳など他の大豆製品でも大丈夫です。

運動にプラスして日々の食事のタンパク質摂取に注意することで、効率的に筋肉をつけていきましょう。

筋肉 食事 タンパク質

コメントは受け付けていません。