筋肉をつける効果のある成分が含まれている食品や飲み物とその摂取方法とは?

筋肉をつける効果がある成分は、何に含まれていて、どのように摂取すれば良いのでしょうか?またその成分が含まれている食品や飲み物はあるのでしょうか?

まず筋肉をつける効果がある成分ですが、これはタンパク質とアミノ酸が挙げられます。これらが何に含まれているかと言うと、実は私たちが普段から口にするような食品にも含まれています。

またサプリメントなどにも含まれていることが多いです。ただし筋肉をつけることに対して効果を期待するのであれば、これらの食品を食べていれば良いと言うわけではありません。

できれば筋トレなどの運動をして、筋肉にダメージを与え、その直後に食べることが望ましいです。するとその部分にこれらの成分が補給され、筋肉がつくことが期待できると言う具合です。

ではどのような食品、飲み物に含まれているかと言うと、まずタンパク質ですが、これは牛肉の赤身部分、鶏のささみ、チーズなどの乳製品、牛乳に多く含まれています。またアミノ酸ですが、これにはいくつかの種類があり、その種類によって多い食品や飲み物は異なります。

ただアミノ酸自体がタンパク質を構成している成分であることから、基本的にはタンパク質を多く含んでいるものと変わりはありません。そこに加えて鮪や鰹、無調整の豆乳などが挙げられます。

筋肉 成分 つける

コメントは受け付けていません。