筋肉に必要な栄養は食事や食べ物から取れる?その食材を使ったレシピとは?

普段のお食事で、筋肉を作る栄養の入った食材で作る食べ物のレシピを考えてみましょう。筋肉を作る栄養素として、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどがあります。すべての栄養素をバランス良くということになりますね。

それらの含まれる具体的な食材や食べ物として、タンパク質はお肉やお魚、卵など、炭水化物はお米やパンなどの主食、脂質はバターやナッツ、豚バラ肉や牛サーロインなど、ビタミンは野菜やキノコ、魚介やお肉など、多くの食材に含まれ、ミネラルはカルシウムや鉄、マグネシウムや亜鉛など、魚介や野菜、海藻やキノコなど、様々な食材に含まれています。

筋肉を作る食べ物を、食事として摂るレシピは、それぞれの栄養をバランス良く含んだものといえます。特にお肉やお魚、卵など、良質なタンパク質をメインにしたレシピが良いでしょう。しょうが焼きやサーロインステーキなどはおすすめです。またカツオやタイ、鮭などを生で食べるカルパッチョやサラダも良いですね。

野菜やキノコ、海草を使った味噌汁なども様々なビタミンやミネラルを摂るレシピとして適しています。豚バラの入った野菜たっぷりの豚汁も最適です。

お食事も規則正しく摂り、健康を保つことで、筋肉をつけるトレーニングにも励むことができるという意味でも、とても大切です。

筋肉 栄養 食事

コメントは受け付けていません。