筋肉に必要な炭水化物を取る量|筋肉をつけたい時の炭水化物の摂取量とは?

炭水化物はエネルギーになることから取る量が少ないと筋肉の発達にも影響が出る為、鍛えるときには炭水化物の摂取量の調整が重要となります。

筋肉はたんぱく質で構成されています。それに対し炭水化物はエネルギーに変換されやすいものですが、時に取りすぎると脂肪に返還されてしまいます。しかし鍛えていくに当たりエネルギーは欠かせません。

もしエネルギーがないと人間は筋肉を分解して必要なエネルギーを捻出します。そのため太るからと炭水化物の摂取量を制限しすぎるとエネルギー不足でかえって筋肉がやせ細ってしまうことがあります。

そのため鍛えるに当たり取る量に注意すれば食べても問題ありません。また食べるに当たり食べ物に注意するだけでも大きく変わります。

菓子パンやジャンクフードには砂糖や調味料・添加物がふんだんに使われていることが多く、エネルギーよりも脂肪に返還されやすい傾向にあります。また加工・製造される過程で栄養素が破壊されていることもあり、摂取量に対し筋肉へ与えるメリットは少ないといえます。

それに対し米や食パンはそれらが少なく、エネルギーに変換されやすい状態で体内に取り込むことができます。そのため粗食を中心に炭水化物の取る量を調整することで効率的に鍛えることができます。

筋肉 炭水化物 摂取量

コメントは受け付けていません。