筋トレに必要な栄養素は食事から取れる?炭水化物やタンパク質を取る必要がある理由と効果的な取り方とは?

筋トレはしているがなかなか筋肉がつかないという方は、その栄養の取り方に問題がある可能性があります。まずそれぞれの栄養素がどのような役割を果たすのか知っておく必要があります。

炭水化物は主にエネルギーとしての役割を果たし、たんぱく質は筋肉をつくる働きをします。このどちらも食事から摂取できますが、その量や取り方が重要になってきます。

炭水化物はエネルギーになるので、特に有酸素運動の前には必要な栄養素です。その理由として、体内のエネルギーが枯渇すると、筋肉内のたんぱく質がエネルギーとして使われてしまうため、筋トレによってついた筋肉が小さくなってしまうということが挙げられます。

そして、筋トレ後にたんぱく質を摂取することで、効果的に筋肉の栄養となり、筋肉の回復をサポートします。つまり、トレーニングの種類によって摂取すべき栄養素は違い、タイミングも違ってくるということです。

夕方にトレーニングを行うのであれば、昼の食事は炭水化物中心で、トレーニング後の夕食ならばたんぱく質中心の食事にすべきです。このように食事の取り方にも理由がしっかりとありますので、この理由をしっかり把握した上で日頃からトレーニングや食事をすることで、自ずと筋肉はついてくるでしょう。

筋トレ 食事 炭水化物

コメントは受け付けていません。