筋トレとダイエットをする場合の食事|筋肉を適度に付けたい時のダイエットレシピと炭水化物の摂取量とは?

筋トレをしながらのダイエットの場合、食事において気をつけたいのはカロリー摂取量、そして脂質・タンパク質・炭水化物の三大栄養素のバランスの取り方です。

カロリー摂取量は、たとえばベースカロリーが2700kcalの方は、カロリー摂取量を2400kcalに抑えていくことで、食事だけで約1ヶ月で体脂肪1kg分を制限できるというわけです。

ただし、この中で何を制限するかが重要になってきます。筋トレにおいてもダイエット時においても大切なのがタンパク質。反対に、脂質はカットしても大丈夫です。目標カロリーから必要なタンパク質(体重1kgにつき1.2〜2g)と脂質(摂取エネルギーの10%ほど)を引いて、残ったカロリーを炭水化物に充てる、という考え方です。

ただし、カロリー摂取量を減らしたからといって、体重・筋肉は減っても体脂肪は減らないので注意しましょう。

筋トレ・ダイエットの際の食事のレシピの一例を挙げたいと思います。朝は白米・卵・納豆・サラダの組み合わせ。昼のレシピは白米・味噌汁・鶏胸肉、夜のレシピはマグロの刺身・サラダといったメニューです。もちろん、筋肉量を増やすのであれば、白米を増やして、炭水化物の割合を上げましょう。

筋トレ ダイエット 食事

コメントは受け付けていません。