筋トレ時の豆乳でタンパク質などの栄養素は摂取できる?豆乳のどんな成分が筋肉に良いの?

筋トレの効果的な栄養素として知られるタンパク質ですが、実は肉類からだけでなく豆乳からも摂取できる上、嬉しい成分も含まれています。

まず、筋トレで筋肉を鍛える上で必要なのが上質なタンパク質です。タンパク質というと多くの方が動物性たんぱく質である肉類をイメージします。しかし、動物性たんぱく質には脂質も多く含まれているため、カロリーが高いというデメリットもあります。

それに比べて豆乳は植物性たんぱく質です。肉類と同様にタンパク質を含んでいる上、アミノ酸も多く含んでいます。アミノ酸はタンパク質を生成する素となる栄養素で、筋肉の他にも組織や肌を形成する大切な栄養素です。

この栄養素を筋トレの際に摂取することで、筋肉の生成をサポートし、引き締まったスタイルにすることができます。その上、低カロリーなので健康的に無駄なく筋肉をつけることができるのです。

また、筋トレ直後に豆乳を摂取すると、含まれる大豆ペプチドという成分が成長ホルモンの分泌を促し、筋肉の生成を促します。また、豆乳に含まれるサポニンという成分には脂肪の吸収を抑制する効果があるため、太りにくく筋肉質な体質作りをサポートすることができます。

このように豆乳は筋トレ時に摂取すると効果的に筋肉を鍛えることができます。

筋トレ 豆乳 成分

コメントは受け付けていません。