筋トレの後食事する時のメニューは何がおすすめ?炭水化物の量は制限するの?

筋肉をつけるために筋トレを行いますが、筋肉はそれだけではついてきません。筋肉を作るためにはたんぱく質の摂取が不可欠になってきます。筋トレによって損傷した筋肉が回復するにあたってさらに強い筋肉になっていきます。

その回復を手助けするのがたんぱく質なのです。トレーニング後食事をする場合は特に、このたんぱく質中心のメニューにしていく必要があります。対して、炭水化物は活動のエネルギー源となる栄養素です。トレーニング前には必要ですが、トレーニング後食事をする場合であれば、炭水化物の量は控えるようにすべきです。

エネルギーとして使われない炭水化物は脂肪として蓄積されるためです。おすすめの栄養の摂り方は、炭水化物の量を抑え、たんぱく質中心のメニューということになります。ご飯をたくさんの量食べる食べ方はおすすめできません。

ご飯は少量にし、鶏肉や魚など、たんぱく質が豊富で脂肪分の少ない食材を使ったおかずをメインに、疲労回復のためのビタミンを含む食材を使ったサラダとともに食べることをおすすめします。

筋トレ後食事をする場合はそのメニューとして、炭水化物の摂取を少なくし、たんぱく質を多く摂取することで、トレーニングの効果を高めることができます。

筋トレ 後食事 メニュー

コメントは受け付けていません。