筋トレを効率的に行うための食事のメニューって?筋肉必要な栄養素やレシピとは?

筋トレの効率を上げるためには食事のメニューや栄養素が非常に多くの割合を占めています。いくら筋トレをしても、筋肉を作るための栄養素が足りていないと筋肉はつきにくく、効率の悪いトレーニングになってしまうからです。

筋肉をつけるための栄養素を摂取するには食事のメニューについて考える必要があります。高タンパク、低脂肪のメニューが効率よく筋肉をつける食事となります。具体的なレシピは、ささみをゆでたものやゆで卵がおすすめです。

いずれのレシピも手軽に作れますし、ささみは茹でることにより脂肪分を落とすことができます。タンパク質だけを偏ってとっていると理論上筋肉はつきますが、それはそれで、健康上に悪影響となります。

そこでタンパク質だけをとるのではなく、バランスよく野菜も摂取する必要があります。こちらも生野菜でも栄養は摂取できるのですが、内臓への負担を減らすために茹でたり、蒸したりすることをおすすめします。

ブロッコリーは高タンパクな食事にはぴったりの食材です。蒸すことで栄養素が逃げずに素材そのものの栄養をすべて吸収することができるので、簡単なレシピですが、ただブロッコリーを蒸すだけでも充分にうまみがあります。

食事をバランスよく、高タンパク、低脂肪のメニューにすることでと筋トレの効率を上げましょう。

筋トレ 効率 食事

コメントは受け付けていません。