筋トレの前や後に炭水化物を取る場合はどっちの方が筋肉を作るのに効果的?

筋肉を作るために炭水化物を摂取することが効果的だというのは有名ですが、筋トレの前と後のどちらに摂取するかはあまり知られていないかと思います。どちらが効果的かと言えばその答えは、運動後になります。ではその理由について詳しくお話していきますね。

筋トレというのは筋肉に負荷をかけて、目に見えない傷を作りその修復作業で前よりも太くて強い筋肉を作り出すという作業を言います。炭水化物は筋トレ中に消費するエネルギー源ですから、筋トレ前にある程度摂取しておかなければガス欠のようにスタミナが切れてしまいます。

ならば筋トレ後に炭水化物を摂取する必要はないのではないか、と思うかもしれませんが、事前に補給したのは体を動かすための準備で、筋肉が修復しているときに体では様々な栄養を取り込んで筋肉を超回復が起きている状態なので、そこでまた炭水化物を補給しておけば、身体により吸収されやすくなるのです。

では、運動をしてからどのくらいの時間までに炭水化物を摂れば効果的なのかというと、少なくとも1時間以内、遅くとも2時間以内が目安です。

筋肉づくりを効果的にしたいのであれば、できるだけ早めに食事をしておくことが良いでしょう。もちろん、筋肉をつくる栄養は他にもたくさんあるので、バランスが取れたメニューを心がけることです。

筋トレ 炭水化物 後

コメントは受け付けていません。