筋トレをしてダイエット中の人が夜に取る炭水化物の必要量は?睡眠の何時間前までに食べ終えると良いの?

腕立て・スクワットなどの筋トレでダイエットを成功させるには、適度な休養・脂肪と糖分を控えた食事制限を同時に行う必要があります。特に、日本人の主食でもある炭水化物はいつでも簡単に食べることができるので普段から糖質の摂取量を意識しておかなければなりません。

一日に最低限必要な炭水化物の量は90~100gと言われており、筋トレでダイエットするなら夜に取る炭水化物の量は0gにするとよいです。例えば、朝食50g・昼食50gという計算で食事を行えば夕食は0gに抑えることができます。

ちなみに、食パン6枚切りの1枚が20~30g・バナナ1本は100gあたり21.4g・ご飯の量は茶碗7~8分目くらいの量を2杯が90~100gとなっています。もちろん、筋トレでダイエットするなら糖を脂肪に変えないためにも睡眠の3時間前には食べ終えることをおすすめします。

そのわけは、夜は消化管の機能が高まり消化・吸収が促進されるからです。また、就寝前はインスリンの分泌が活発になるので夜の糖質摂取はなるべく控えたほうがよいです。どうしても夕食に炭水化物を食べたいのであれば、糖の吸収を抑えるサプリメントを活用したり食べる順番を工夫することで体脂肪の増加を防ぐことができます。

筋トレ 夜 ダイエット

コメントは受け付けていません。