グリシンを含む食品や食べ物|グリシンの含まれた食材を使ったレシピって?

グリシンを含む食品や食べ物とその食材を使ったレシピを紹介します。
食品100gに含まれるグリシンの中で特に多いものは以下のものがあげられます。

魚介類:クルマエビ2600㎎、うに2000㎎、ほたて1700㎎、まぐろの赤身1100mg
豆類:大豆1600㎎
肉類:ひき肉1500㎎

魚介類に多く含まれていますね。どの食材も使いやすく比較的食べやすい食べ物となっています。
グリシンを含む食材を使ったレシピですが、やはり魚介類を含む食べ物を使用すると効果的に摂取できます。

例えば、ほたてとまぐろのカルパッチョはいかがでしょうか。
まぐろの刺身とほたてお刺身とアボカドを交互に添えて、ベビーリーフなどの緑野菜を乗せ、ゆずぽんで味を整えるだけですが、とてもさわやかな和風カルパッチョの簡単レシピです。そこにエビなども添えるとより摂取することができます。

他には豆腐ハンバーグなどもいいでしょう。ここで水煮大豆を使うのがポイントです。
玉ねぎをみじん切りにし、溶き卵、ひき肉、豆腐、水煮大豆、しょうが、パン粉、塩コショウを混ぜ合わせ、小判形に整え焼きます。
水煮大豆という食品を使用することでグリシンを多く摂取することができます。

普段の食生活に魚介類などをバランスよく取ることで、グリシンをうまく摂取することができるでしょう。

グリシン 食品 食べ物

コメントは受け付けていません。