筋トレによる筋肉痛が熱を持ち、痛みで動けない原因とその治療方法は?

筋トレ後に筋肉痛を引き起こすことは珍しくありませんが、それが熱を持って痛みで動けないような場合、ただの筋肉痛ではなく治療が必要な怪我である可能性も考えられるため、注意が必要です。  そもそも筋トレは一度、筋肉を構成する筋 […]

「筋トレによる筋肉痛が熱を持ち、痛みで動けない原因とその治療方法は?」の続きを読む

筋トレで背中のこりやヘルニアを予防したり改善できる?背中が痛い場合は筋トレは控えるべき?

背中のこりや痛いとき、腰のヘルニアで起こる慢性的な腰痛はインナーマッスルと呼ばれる体幹の深いところにある筋肉が弱くなっていることが多く、お腹を膨らませるための腹圧という圧力が低下している事で起こると言われています。 筋ト […]

「筋トレで背中のこりやヘルニアを予防したり改善できる?背中が痛い場合は筋トレは控えるべき?」の続きを読む

筋肉痛の時は筋トレは休むべき?筋トレ再開のタイミングとは?

筋トレで筋肉痛が出たタイミングで休むようにしましょう。筋肉は負荷をかけ筋トレすることで細胞が破壊されます。よく、筋肉痛が翌日にでなくてそれ以降にでると年を取ったなどといいますが、それは違います。翌日に痛みが出るほど筋肉細 […]

「筋肉痛の時は筋トレは休むべき?筋トレ再開のタイミングとは?」の続きを読む

肩こりが解消できる高齢者向けの筋トレ方法は?肩が上がらない場合は筋トレはNG?

筋トレで肩こりを解消する場合、高齢者にもできる方法はありますが、肩が上がらないような場合は控えた方が安心です。 胸や肩、腕など、上半身にある部位の筋肉は、日常生活でも良く使います。しかし、中年以降になると、筋肉が縮んで弱 […]

「肩こりが解消できる高齢者向けの筋トレ方法は?肩が上がらない場合は筋トレはNG?」の続きを読む

筋トレで肩こりが悪化してしまうこともある?その場合の処置の仕方とは?

筋肉をつけたくて筋トレを始める人がいますが、肩こりが今まで以上に悪化してしまった、そのための処置方法に悩む人が多くいます。そもそも筋トレは筋肉をつけたい、あるいは、付いた脂肪を筋肉をつけて落としたいなど理由は様々でしょう […]

「筋トレで肩こりが悪化してしまうこともある?その場合の処置の仕方とは?」の続きを読む

筋トレで肩を痛めた場合の対処法|肩の痛みにはアイシングや湿布は効果的?

肩の筋トレのやりすぎで痛みが生じてしまった場合の対処法を知っておくことが重要です。筋トレは筋肉を動かすことによって細かな断裂を生じさせ、その部分が修復されることで筋肉量を増やしていくことです。 通常でも筋肉痛を伴うことが […]

「筋トレで肩を痛めた場合の対処法|肩の痛みにはアイシングや湿布は効果的?」の続きを読む

筋トレで大胸筋に痛みがある場合の対処法|大胸筋の筋肉痛が回復するまでのトレーニング法は?

筋トレのし過ぎなどで、筋肉痛ではない痛みがある場合には様子を見た方が良いでしょう。だいたいの場合は数日で回復します。 その間の筋トレとしては、大胸筋が痛いのであれば他の部位を筋トレするというのが良いです。大胸筋は上半身の […]

「筋トレで大胸筋に痛みがある場合の対処法|大胸筋の筋肉痛が回復するまでのトレーニング法は?」の続きを読む

筋トレのデメリットと注意点|筋トレのやり過ぎなどで筋肉や関節を痛めることもある?

筋トレのデメリットとしてやり過ぎにより関節を痛めるという問題がありますので、注意点を押さえて正しい方法で効果的かつ効率的に行うことが大切です。筋トレを間違った方法で続けたりやり過ぎたりすると筋肉や関節に大きな負担をかけて […]

「筋トレのデメリットと注意点|筋トレのやり過ぎなどで筋肉や関節を痛めることもある?」の続きを読む

筋トレのメリットには腰痛や肩こりの予防や改善する働きもあるの?

筋トレをすることのメリットのひとつが腰痛や肩こりなどの予防や症状の改善効果があります。では腰痛や肩こりはどうしてなるのでしょう。もちろん、病院で直さなければ治らないような病気が原因となることもありますが、多くの場合は姿勢 […]

「筋トレのメリットには腰痛や肩こりの予防や改善する働きもあるの?」の続きを読む

筋トレでダンベルを使う場合の頻度は一日置きくらい?筋肉痛が治らない場合は筋肉を休憩させる方が良い?

ダンベルで筋トレをして筋肉痛になった時、一日置きの休憩ではなかなか治らないとされています。それは筋肉痛は完全に回復するまでに数日かかるからです。 この痛みが起こる理由は筋繊維に負荷がかかることで損傷してしまった筋肉が修復 […]

「筋トレでダンベルを使う場合の頻度は一日置きくらい?筋肉痛が治らない場合は筋肉を休憩させる方が良い?」の続きを読む