筋肉が固い人はぎっくり腰や肉離れになりやすい?ぎっくり腰や肉離れになってしまった場合の治療法は?

筋肉が弱いのも固いのも問題で、柔らかくて強い筋肉にしていくことが重要です。特に下半身の筋肉が弱かったり固いということがあると、ぎっくり腰や肉離れになりやすいでしょう。

この治療方法としては、痛くない範囲で筋トレとストレッチを行うことです。ぎっくり腰や肉離れに強くなるには相撲のトレーニングが最適です。

力士は相手と自分の体重を合わせるととんでもない重量を足腰で日々支えているのですが、その力士の基本トレーニングを真似ることでぎっくり腰や肉離れに強い足腰を作ります。

治療方法も予防方法も同じなのですが、痛みが強い場合は整骨院などで治療を行うのが良いです。しかし、そもそもトラブルが起こらないように日々鍛えることが重要です。

力士の足腰の鍛錬の基本は股割、腰割、四股、なので、この三つを行っていくのが良いでしょう。まず固い人は股割という開脚によるストレッチが重要です。

これは股関節も足も柔らかくなるので、下半身をトータルで柔軟にします。そして次に腰割ですが、これは四股の前の足を開いて腰を落とす姿勢です。

これは足腰の筋肉と、股関節の柔軟性が養えます。四股は足を上げるので、軸足の筋トレと、足腰の柔軟性も高まります。

筋肉 固い ぎっくり腰

コメントは受け付けていません。