炎症を伴う筋肉の痛みには湿布を貼るのが良い?炎症の場合は冷やすの?温めるの?

筋肉が炎症している際に、湿布を貼ったり冷やすことや温めるというのはその部位の代謝と血流を促進するという目的があります。なので、何かしらの刺激という意味では炎症に効果があります。

しかし、温めるよりは湿布や冷やす方が効果的でしょう。特に湿布よりも冷やす方が効果が高いです。というのも、人間の体というのは冷えに対して熱を発するために代謝や血流を高める機能があります。

よく冷えは万病の元ということで体を温める人もいるのですが、外部から暖め過ぎていると、体が自分で熱を発する機能が弱まります。なので、冬でも薄着で、寒い場合は軽く運動して温めるというのが体の機能を高めます。

筋肉の痛みや炎症も上述の通りで、自らの力を高めるというのがベストな対策になります。痛みがあると筋肉を休めようと思いがちで、場合によってはその方が良いのですが、痛みに対して可能な限りは動かしたり伸ばしたりした方が良いでしょう。

それが無理な場合は、周辺の筋肉を動かしたりすることによって、細胞分裂を活性化します。人間の体の修復には細胞分裂によって細胞を入れ替えるというのが必須ですが、それを早めたり、その機能を高めるために上述のようなことをします。

筋肉 痛み 湿布

コメントは受け付けていません。