筋肉の痛みはなぜ起こる?運動後の筋肉痛と身に覚えのない突然の筋肉の痛みの違いとは?

筋肉の痛みには筋肉痛の様な運動をした後に起きるものと、突然起きるものとが有りその原因には大きな違いがあります。

運動の筋肉痛は筋肉が激しく動くことにより疲労が蓄積し痛みが発生するもので、休むことで回復する場合がほとんどです。

しかし、突然発生する痛みはなんらかの原因で筋肉が炎症を起こしたり、異常な状態になってしまうために起こるもので、基本的にはなんらかの処置をしないといけない状態になっていることが多く、対処法にも大きな違いがあります。

特に突然発生する痛みについてはその原因が特定できない場合も多く、中には悪質な病気である可能性もあります。特に身に覚えの無い場合には重篤な病気になっている危険性もあるため、自分で判断せずに出来るだけ早く医師の診断を仰ぐことが重要です。

筋肉痛はある程度の年齢になるとちょっとした運動でも発生しやすくなってしまうものであるため、普通の筋肉痛だと思っていても実は重篤な筋肉の病気である可能性があります。高齢になるほどその違いが分かりにくくなっていく傾向が有るので注意が必要です。

また、普段あまり運動をしない人に於いても、その違いはなかなか分かりにくいものなので注意が必要です。

筋肉 痛み 筋肉痛

コメントは受け付けていません。