筋肉の疲労の症状|痛みや発熱、痙攣が起こることもある?その原因は?

負荷の大きい筋トレや長時間走ったりして筋肉に疲労がたまると、痛みや発熱、痙攣が起こることがあります。

発熱は筋肉を使いすぎて熱を持っている状態であり、このような状態のままトレーニングを続けるとやがて痛みを伴う痙攣の症状があらわれます。

その原因は筋肉に疲労がたまっていることに加えて、水分やミネラル分が不足していることです。特に、カリウムのような電解質の濃度が低くなっていると、頻繁に症状があらわれます。

発熱し、痙攣してしまったときには無理に筋肉を伸ばそうとせず、ゆっくりと徐々にストレッチしていくことで痛みを和らげることができます。

なにより、筋肉の疲労による痛みや痙攣の症状に対しては予防が最良の方法です。胃腸に血液が集まる食後にすぐ運動することは控え、運動前後、運動中にカリウムなどのミネラルを含む水分を十分に補給すること、運動前にストレッチを行うことが基本的な予防策です。また、トレーニングの2時間前から後のカフェインの摂取は控えるのも有効です。

運動をしたときにあまりにも頻繁に痙攣の症状がおこる場合には病気にかかっている可能性もありますので、不安を感じたら医師の診察を受けることをおすすめします。

筋肉 疲労 症状

コメントは受け付けていません。