筋肉の炎症の原因って?打撲などの筋肉の炎症が起きた場合の処置の仕方とは?

筋肉の炎症は、筋肉に過剰な負担がかかった時や、体に細菌などが侵入した時に起こります。

細菌の侵入などが原因の場合、それに対する防御反応として炎症が起こり、痛みを感じます。

一方、過剰な負担がかかる原因はいくつかあります。一般的には、激しい運動などで通常以上に使用した時に発生しますが、日常生活でも、長時間にわたって疲労が蓄積すると炎症になることがあります。

また、筋肉が固まっている場合は、血行不良で痛みが起こる場合もあります。普段の姿勢や運動不足も、炎症や痛みの原因になり得るということです。

スポーツ・日常生活問わず、打撲が原因となることはよくあります。この場合、適切な応急処置をすることで、症状を大きく軽減することができます。

打撲や捻挫の処置としては、RICEという方法が有名です。これは、打撲後すぐに安静(Rest)になり、炎症の箇所を冷却(Ice)した上で、テーピングなどで圧迫(Compression)し、患部を心臓より上に挙げる(Erevation)ことを推進するもので、これにより、痛みの緩和と内出血の防止を同時に行うことができます。

また、アイシングの際は、冷感シップなどではなく、氷や冷却スプレーなどで、きちんと処置をすることが大切です。

筋肉 炎症 原因

コメントは受け付けていません。