筋肉の炎症が治らない場合の対処法と、早く治す方法とは?

筋トレを行ったあとの筋肉に熱が発生します。そのメカニズムとして、筋肉が筋トレによって損傷し、その回復を行う際の副産物として熱が発生する、これが筋肉の炎症です。

それが治らない場合どのよう対処法が早く治すことにつながるのでしょうか。まず、一番ベーシックで効果的な対処法としてアイシングがあります。

これは炎症を起こしている部分を直接冷やすことでその症状を早く治す対処法です。アイシングにより筋肉の炎症を抑えるのと同時に、広がりも防ぐことができます。

ほかの方法として、消炎剤などの薬を使う方法もあります。しかし、炎症が起こるのは筋の損傷から回復しているからであり、それを抑えてしまうと治らないのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。むしろ早く治すことにつながります。炎症が治らない状態が長く続くと。それが原因で痛みが発生します。これが一般的に言われている筋肉痛のメカニズムです。

その症状が起こってしまうと、次に問題になってくるのがトレーニングができない、もしくは嫌だと感じてしまうことです。そうなってしまうとトレーニングができなくなり、挫折していまします。そのため、アイシングや薬などで早く治すことが重要です。

筋肉 炎症 治らない

コメントは受け付けていません。